未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


健康第一

今年も残すところあと10日となりました。インフルエンザが流行っているということですが、皆さん、無事に年を越せそうですか?

先日、弁護士が、健康不安についてのブログを書いていましたが、
私も実は・・・

2年ほど前から朝起きると、手がこわばるようになりました。
そして、最近、両手の人差し指の第2関節を押さえると痛むように・・・
そう、これは「リウマチ」?
そして、先週、リウマチの検査を受けました。
骨には異常がなかったので、血液検査を受けました。
そして、今朝、結果を受け取って参りました!

結果は、「-」

リウマチではありませんでした。
ほっ。
では、この痛みは何でしょうか?
加齢による、関節痛でしょうか?

まぁ、ともかく、私の辞書には「病気」の文字が無いかのようです。
健康診断結果もおかげさまで、オール「A」でした。

そして、ほっとして出勤する途中、ある病院の前でこんな看板を見つけました。
その医院は「脳神経外科・外科・内科」をかかげていましたが、
その横に「頭痛外来・物忘れ外来・しびれ外来」と書いてありました。
先日、弁護士が執筆した診療科目の表示についての記事を読むと、
現在、診療科目については、具体的に表示できる方向に動いているようですが、
こういった表現は、法に抵触するのでしょうか。
しかし、患者にとってはわかりやすいなぁと思いました。
私も、今回、何科の病院に行けばいいのか、迷いました。
整形外科か内科か・・・
どの診療科目の医者に診てもらえばいいのかわからないということ、多いですよね。
どんどんと、このような表現が増えていけばわかりやすいのではないかと思った事務局Mでした。

広告を非表示にする