未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


「夏の庭」 湯本香樹実 (新潮文庫) ★★★★

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

  • 作者: 湯本 香樹実
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 文庫


最近、児童文学ばかり読んでいる気がしますね。
子供の頃、「人は死んだらどうなるの」「人は死んだら真っ暗なところにいって、全てがおしまいなんだよ」なんていう会話をした記憶はありませんか。
この小説は、児童文学ながら、テーマは「生と死」。人は、死んだらどうなるのか、すなわち哲学なんですね。小学生仲良し3人組が、死にそうな老人3人を見張って、人が死んだらどうなるのか観察しようとするのが話の始め。小学生なりに人の死に興味を持ち、研究しようというところがかわいく思えます。
「生きるとは、死に至る病である」すなわち、生きるということは、おそかれ早かれ、死ぬためのプロセスをたどっていることだと言った人がいます。人は必ず死ぬのになぜ生きるのか、永遠のテーマです。犬にはこんな悩み、ないんだろうなぁ。