未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


「頭脳勝負-将棋の世界」 渡辺明 (ちくま新書) ★★★★

頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書 688)

頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書 688)

  • 作者: 渡辺 明
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 新書


「司法試験に大学3年生で、一発で合格するなんて、頭がいいんですね」と言われることがありました。
(最近は言われることも減りましたが・・・)
私自身は、いわゆる法的思考には向いていたのかなぁとは思いますが、頭がいいとは思いません。そして、私が「本当に頭がいいなぁ」とあこがれるのが「棋士」。将棋指しですね。
この本は、史上4人目の中学生プロ棋士となり、現在竜王のタイトルを保持する渡辺明の著書。棋士が何手先を読むかといった素人的質問だけでなく、プロ同士の勝負の分かれ目がどこにあるのかを、例えば封じ手のタイミング、かけひきを通じたメンタル面などにわたって解説しており、とてもおもしろい一冊です。

学生時代は、能條純一のまんが「月下の棋士」を愛読し、司法試験に合格したら真剣に将棋を勉強しようと考えていた私。司法試験合格後、一度は本当にトライするも、コンピューター(初級)相手に何度やっても勝てず、3時間で挫折しました。今も、棋士は「憧れの存在」です。