未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


弁護士の能力

先日、弁護士会の推薦を経由して裁判所から連絡があり、現在、人身保護請求における子供の「国選代理人」を務めています。刑事事件で「国選弁護人」というのはよく聞くでしょうが、「国選代理人」というのは珍しいと思います。

離婚を控え別居中の両親の間で、この引き渡し等が請求されるに当たり、未成年の子供の代理人として、子供の目から見た生活環境を報告するのが国選代理人の仕事。初めての経験で、勉強になります。

さて、弁護士の能力については、以前にもこのブログで書いたことがありますが、いくつかの要素があると思います。重要なのは、「先を見通す力」だと書いた記憶があります。

ところで、先を見通すためには、何が必要なのでしょうか。

①調査力

弁護士といえども、すべての問題に即座に答えられる知識はありません。依頼者の話を聞いて、何が問題となるかを見抜き、どの法律が問題となるか、判例はどうなっているのかを調査する能力が必要です。

②経験

見通しを立てるためには、やはりある程度の経験が必要です。私も、新人弁護士の頃は、経験が不足しているが故に見通しが立てられず、上司に相談することが多かったものです。いつの間にか経験が蓄積されてきました。これは、仕事をすればするほど蓄積されます。

③常識

これは勝てなきゃおかしいとか、こんな話が通るのはおかしいとか、最初の直感を誤ると大変です。裁判所も正義を実現する期間ですから、常識的に通らない話は通りません。

このような力があって、なおかつ機動力(スピード)があり、依頼者の話をよく聞いてわかりやすい説明をしている弁護士が、いい弁護士といえるのではないでしょうか。

広告を非表示にする