未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


事務局Mの憂鬱

皆さん、お花見には行きましたか?

第2のお花見。横浜公園のチューリップも是非ご覧下さい。

一面に広がるチューリップは本当にきれいです。

今年は18日から横浜公園で「スプリングフェア」が行われますので、今週末あたり、お天気が良ければ、とても気持ちがいいでしょうね。

毎年、「スプリングフェア」に行っている事務局Mですが、今年は引越のため行けそうにありません。

そう、以前このブログで、「家を探しています」と書き込みしましたが、ようやく家が決まりました。

そして、この週末、新居への引越です。

しかし、新居への移転を手放しで喜べないのが、引越の箱詰め。

我が家は5人家族。

ダンボール100箱、2t車×3台、作業員8人の引越になるそうです。

当日は、その作業員8人の方が荷物を運んでくれるので、心配はしていませんが、その前のダンボール100箱に詰めるのは誰でしょう?

私です。

ダンボールに詰めるのも大変ですが、問題は荷物を詰めたダンボールをどこに積んでおくのか・・・

ダンボールの山の隙間に寝ている現在の我が家族です。

この1週間が勝負ですが、

頼みの主人は、仕事が佳境で、毎晩の帰宅は夜中。

果たして、荷造り、終わるでしょうか?

憂鬱です。

そして、憂鬱にさせるのは、荷造りだけではありません。

「冷蔵庫が階段を登らないかも知れませんので、その際は、小さい冷蔵庫に買い換えるか、冷蔵庫を玄関の階に置くか、覚悟を決めておいて下さい!」だそうです。

え~っっっっっっっっ!

「ピアノはこの部屋にしか入りません」

え~っっっっっっっっ!

憂鬱です。

快適な住まいを求めての引越ですが、快適な住まいになるのでしょうか?

この行き当たりばったりの引越、一体どうなるのでしょうか。

ある意味楽しみですが・・・

とりあえず、雨が降りませんように・・・

お天気まで、私を憂鬱にさせないでほしいものです。

(事務局M)

広告を非表示にする