未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


BOSS弁のこだわり

皆さん、こだわりってありますか?

今回は第一弾として、Boss弁先生のこだわりを少しご紹介したいと思います。

1,ペン

Boss弁が修習生の時に、どのペンが一番書きやすいか、あらゆるペンを片端から試し、今使っているペンにたどり着いたそうです。

ですから10年以上、愛用していることになります。

それがこのペンです。

SH3E00510001.jpg

弁護士愛用のペンがどこにでもある100円の水性インクのペンとは!

意外に庶民的?

2,書面のバランス。

裁判は、ほとんどが書面のやりとり。

ですから、BOSS弁は、書面の表題の大きさや字の配列等を大変気にします。

書面に事務局の美的感覚も試されます!

ちなみに、当事務所の事件記録は綴る順番が決まっており、事務員はまずその順番を覚えることから始めます。これが結構難しい。しかし、誰が見てもどこにどんな記録があるのか整然としていて、これは事務局Mも良いこだわりだと思います。

3,鞄

弁護士登録をして10年間。

同じメーカーの同じ型の鞄を買い換え使い続けています。

軽くて丈夫でリュックサックにもなる鞄。

これ以外はNGだそうです。

確かに、事件の記録は重くなり、手に持ち続けるのは大変そうですから、リュックサックにもなる鞄は便利そうです。

ちなみに、イソ弁先生はスーツにリュックはNGです。

BOSS弁とアソ弁はそれぞれこだわりを持っていて、お互いに共有できる所とできない所があるようです。

事務所内ではたまにそんなバトルが起こっているのです。

次回はアソ弁先生のこだわりをご紹介したいと思います(事務局M)。

【顧問弁護士ネット 横浜市 顧問弁護士】

横浜市の弁護士 離婚 相続 交通事故は三谷総合法律事務所(法律相談随時)