未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


インターロッキングでシャフトクロスは直るのか。

大震災後、しばらくゴルフどころではなくなり、約1ヶ月クラブを握らない日々を過ごしました。ゴルフを始めて以来初めてのことです。 そろりそろりと再開。備忘録的な振り返りと現在のテーマを記します。 県アマはぶっつけ本番。結果92ストロークで一応これまででは最高。平常心でできたことと力を抜くことの大切さを実感できたことが収穫。来年も出場するなら、出るだけでなく「勝負」したいですね。 アプローチやパターは練習場ではうまくなったのに、結果が数字に現れない。特にアプローチは、直接ボールにコンタクトする確率は上がったけど、ライが悪い場面で「イヤだな」と思うと、案の定トップやダフリが出るんですね。もっとソール(バウンス)を使ってすべらせる打ち方をマスターしなければならないのかも知れません。 ショットは課題が一杯。今は、右肘が体から外れないトップを目指しています。ショートアイアンではシャフトがクロスしなくなってきました。腕を飛球線後方でなく、体の正面に上げるぐらい意識を変えなければなりません。 右手が被らないように、今秋からグリップをインターロッキングに変更。 右手をストロングに握れば、思い切ってオープンに上げられるので、シャフトのクロスも直るという理屈です。 そこそこ芯を食って、そこそこ曲がらない球が打てれば、スコアは飛躍的に伸びるはずなのですが。 また、忘れた頃にご報告致します。 【顧問弁護士ネット 横浜市 顧問弁護士】 横浜市の弁護士 離婚 相続 交通事故は三谷総合法律事務所(法律相談随時)