読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来創造弁護士法人(横浜・藤沢の法律事務所)

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


不動産売買契約についてのご相談、増えてます!

こんにちは。

梅雨が明けて夏本番・・・のはずがスッキリしませんね。

さて、最近、不動産売買契約についてのご相談が増えています。

例えば、

・土地を購入した後に隣地と境界争いがあることを知ったのだけど、解除できるか。

・マンションを購入した後、過去に、住民が階段で事故死したという話を聞いたのだけど、解除でるか。

・マンションの売買契約後、決済前なのだが、気が変わったのでキャンセルしたい。何らかのお金を払わなければならないのか。

等々。

家を買うのは「一生の買い物」と言われたりしますね。

物件を決めた後は、ローンの審査が通るか、金利は変動が得か固定が得かといったことに目を向けがちですが、万が一物件に瑕疵があった場合、どうなるのか?というのはあまり考えませんよね。

契約によっては、売り主が瑕疵担保責任を負わない(現況引渡)、負うけど「引渡後3ヶ月以内」となっているなど、後になって何も言えない、言えたはずなんだけど言わないうちに期間が過ぎてしまった・・・ということもあり得ます。

一生の買い物をするのですから、契約書の内容をよく理解してハンコをつきましょう。

あれ?と思ったら早めに弁護士に相談するのが良いですね。

(兄弟子)