読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来創造弁護士法人(横浜・藤沢の法律事務所)

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


試される尋問

弁護士日誌

昨日,離婚訴訟の本人尋問のため札幌家裁へ行ってきました。

ちらちらと雪が舞っていました。

一昨日まで雪まつりをやっていたそうです。

夫婦のこと,親子のことは難しいですね。

法律や裁判を通して何をどこまでできるのか,いつも考えさせられます。

そして,尋問技術ももっと磨かなくてはと痛感。

昨日は補充尋問が多かった気がします。

尋問は,おおむね

 主尋問(私からの質問)

→反対尋問(相手の弁護士からの質問)

→再主尋問(再び私からの質問)

→補充尋問(裁判官からの質問)

という順番で進みます。

補充尋問が多いということは,裁判官が争点の判断にとって必要・重要だと考えている箇所を

主尋問,反対尋問,再主尋問のなかで弁護士が十分に質問できていなかったことを意味します。

(なかには訓戒のためにたくさん質問する裁判官もいるのですべてではないですが。)

争点を意識して,必要な箇所を,ピンポイントでつけるようにしなくては。

(新弟子)

広告を非表示にする