読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来創造弁護士法人(横浜・藤沢の法律事務所)

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


横浜マラソンまで1ヶ月!

皆さんこんにちは。事務局Mです。

さて、横浜マラソンまであと1ヶ月を切り、自宅に参加者案内が届きました。

コース地図を確認しましたが、いやぁ~42kmは長い!気が遠くなりました。

スタートはみなとみらい大橋です。そこからずっと海岸沿いをひたすら走り、横浜南部市場(アウトレットモールのある辺りですね)が折り返し地点。そして、復路は首都高速を走りパシフィコまで戻ってくるのです。

42kmって長いでしょう?

何のために、何が楽しくてそんな長い距離を走るのでしょう?と思われる方が多いと思います。

私は、もっぱらエイドの食べ物を楽しみに走ります。

エイドとは、給食所のことを言います。

42kmも走っていると、おなかが空きます。

スタミナを回復させるために、給食所が設けられていて、ランナーはそこで補食して完走を目指すわけです。

チョコレートやバナナ、梅干しやパンなどが定番のものですが、開催地ご当地の食べ物も振る舞われることが多いのです。

今のところ、横浜マラソンでは、「ありあけハーバー」や崎陽軒のシウマイ、江戸清の肉まんなどが提供される予定とのこと。

逆に言えば、その楽しみがないとゴールが遠すぎて、気持ちが切れてしまいます。次のエイドでは肉まんが待っているぞ!がんばれ!と自分を奮い立てて走るのです。

上記は、あくまでも事務局Mのたのしみでありまして、タイム目指して走っているランナーはエイドなんて脇目もふらずに通過していくのですが。

そして、遅く通過するともう品切れの状況の時もあるのですが。

そんな楽しみもある横浜マラソン、3月15日です!

未来創造チームの一員として(マラソン部は2人しかいませんが)がんばってきます!(事務局M)

map1 (375x450).jpg