読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来創造弁護士法人(横浜・藤沢の法律事務所)

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


被疑者国選のおはなし

弁護士日誌

こんにちは、岩崎です。

先日、共犯の恐喝事件を担当しました。

財産犯の場合、示談の有無が起訴・不起訴の判断において大きなウエイトを占めます。

今回も示談を目指して弁護活動することにしました。

しかし、勾留中に同一の被害者に対する恐喝の余罪が発覚。

再逮捕、再勾留が濃厚でしたので、余罪もあわせて示談する方針に変更。

そうこうしている間に勾留満期が迫ります。

担当検事に示談見込みであることを伝え、処分保留釈放するよう交渉します。

結果、勾留満期日に処分保留釈放され、同日再逮捕、再勾留されました。

こうして起訴を回避しつつ示談交渉の時間を確保しました。

この間に示談金を急いで集めます。

被疑者の手持ちだけでは不足でしたので、被疑者の家族や知人にも協力をお願いしました。

共犯者の弁護人と密に連絡をとりながら進めました。

交渉の甲斐あって、最後には被害者と示談書を取り交わすことができました。

その足で被疑者が留置されている警察署へ向かい、被疑者に接見して経緯を報告。

そして担当検事に報告。

被疑者の家族,示談金の準備に協力して頂いた方に報告と感謝の連絡。

そして迎えた余罪の勾留延長満期日,無事に釈放され、起訴猶予で不起訴になりました。

釈放後,被疑者からお礼の電話を頂きました。

警察署は遠かったですが、粘って良かったです。

(新弟子)