未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


【第75回SUC三谷会】 遺産分割研究 その4

こんにちは、岩﨑です。

本日のSUC三谷会は、新メンバー松本圭以弁護士を加え、具体的な相続分の算定、遺産分割の方法、遺言の総論部分について研究しました。

「生前贈与をもらいすぎている相続人に寄与分もある場合、具体的な相続分は寄与分を足して計算するか」など、事例を踏まえてややこしい相続分の算定をしました。下級審レベルでも判断が分かれているようです。

 遺産分割では、登記や税務にも気を配る必要があることを再確認。

 遺言については、せっかくの遺言がのちに無効だといわれることがないよう、法律上の要件や効力が争われた判例を押さえておくことが大切です。

 

平成29年1月31日(水口)

11章 具体的な相続分の算定

1 具体的相続分の意義

 省略

 

2 具体的相続分の確定

設例11-3 特別受益者と寄与相続人がいる場合

 

  

              W=(3500+700-200)×1/2=2000

              B=(3500+700-200)×1/4+200=1200寄与分200含む)

              C=(3500+700-200)×1/2-700=300(別に生前贈与700)

 

 

設例11-4 超過特別受益者がいる場合

 

  

 

  •  本来の相続分

              W=(4000+2000)×1/2=3000

              B=(4000+2000)×1/6-2000=1000(別に生前贈与2000)

              C=(4000+2000)×1/6-400=600(別に遺贈400

              D=(4000+2000)×1/6-600=400(別に遺贈600

              →(W+C+D)=5000なので、1000万円が不足する。

 

  •  具体的相続分

 ①具体的相続分基準説(不足分1000万円を、上記の相続割合で負担する)

              W=3000-{1000×[3000/(3000+600+400)]}=2250

              C=600-{1000×[600/(3000+600+400)]}=450

              D=400-{1000×[400/(3000+600+400)]}=300

              B=ゼロ

 ②本来的相続分基準説(不足分1000万円を、法定相続割合で負担する)

              W=3000-{1000×[3/(3+1+1)]}=2400

              C=600-{1000×[1/(3+1+1)]}=400

              D=400-{1000×[1/(3+1+1)]}=200

              B=ゼロ

 

 ↑判例はどっち???

 

 

設例11-5 超過特別受益額と寄与分の関係

※P.357の判例の数字が分かりにくいので、P354 の説明の例を元に数字を単純化

  

  •  本来の相続分

Wの本来の相続分=(2600+700-300)×1/2=1500

CDの本来の相続分=(2600+700-300)×1/6=500

  B特別受益の額(700)が、本来の相続分(500)を超えている

 

  •  具体的相続分

 ①学説=寄与分合算先行説

  本来の相続分にまず寄与分を合算し、その合計額から特別受益を控除する

  (寄与分から超過特別受益の額だけ差し引いた額をもらえる)

Bの具体的相続分

              本来の相続分(500)+寄与分(300)-特別受益(700)=100

※別の計算方法:

              寄与分(300)-超過特別受益(700-500)=100

  B100とは別に特別受益700をもらっている

  本の執筆者は↑を指示(私見として)

  <理由>

   ・超過受益分の持戻しを免除している§903Ⅱに反しない

  (後記高裁の原審=水戸家裁龍ヶ崎支部H21.3.4)

 

 判例(東京高決H22.5.20

  本来の相続分に寄与分を足さず、特別受益のみ控除する

  (寄与分があっても、超過特別受益がある場合は、もらえない)

Bの具体的相続分=本来の相続分(500)-特別受益(700)=ゼロ

  B特別受益700のほかには何ももらえない

  <判決の理由付け>??

        ・裁判所が一切の事情を考慮して認定した寄与分の割合を重ねて修正するに等しい(寄与分を決める際に、特別受益のことも考慮されている??)。

        ・改めて修正を施すに等しく、一般には分かりにくい。

        ・特別受益寄与分はその本質が違うから、超過した部分を寄与分から差し引くべきではない。

        ・重ねて修正すべきならば、寄与分を決める際に勘案しておくべき。

 

 【よく分からないので水口が考えた例 】(-_-;)

  「父が長男の家の購入代金を援助し(=特別受益)、その代わりその家にタダで住まわせてもらった(寄与分)」という場合、父は、息子から寄与分を受けることを前提として生前贈与を(多めに)渡しているのだから、寄与分は考慮しなくていいでしょ(生前贈与だけで十分でしょ)」、という考え方??

 


 

3 遺産分割時における現実的取得分額への引き直し

 <問題の視点>

  2時点の評価が必要:相続開始時遺産分割時

 

設例11-6 特別受益者がいる場合の現実的取得分額の算定

 

  

  ※評価額が相続開始時:5000万円から分割時:7500万円に増えた場合

 

 ①まず相続開始時の遺産評価額(5000万円)で計算

              W=(5000+700+300)×1/2=3000

              B=(5000+700+300)×1/6-700=300(別に生前贈与700)

              C=(5000+700+300)×1/6   =1000

              D=(5000+700+300)×1/6-300=700(別に生前贈与300)

 

 ②分割時に評価額が7500万円に増えていた場合の具体的取得額

              W=7500×{3000/(3000+300+1000+700)}=4500

              B=7500×{300/(3000+300+1000+700)}=450(別に生前贈与700)

              C=7500×{1000/(3000+300+1000+700)}=1500

              D=7500×{700/(3000+300+1000+700)}=1050(別に生前贈与300)

 

  ※要は①の1.5(7500÷5000)ということ

 


 

12章 具体的な分割方法

1 遺産分割の方法

 ・分割の種類=現物、代償、換価、共有

 ・どれを選択するか=裁判所の広い裁量(民法906「一切の事情を考慮」)

 ・調停では=当事者が合意すればいかなる分割方法でもOK

 ・分割方法の順位=①現物、②代償、③換価、④共有のまま

 ・調停が決裂して審判になった場合

  調停段階で当事者の希望がある程度一致していればそれに従うこともある

  そうではない場合は上記①~④の順序になるといって、当事者を説得する

  【水口の最近の相談例】

              父母が死亡。

              弟(独身)は長年父母と同居し介護。

              姉(既婚者)は、夫所有のマンションに夫・子どもと共に住んでいる。

              金融資産も十分にある(不動産は弟、金融資産は姉、という分割が可能)

              なのに、姉は実家土地建物の共有を強硬に主張

              →「審判になったら共有にはなりませんよ」と言って姉を説得する。

 

2 分割方法の具体的検討

 現物分割

              ①土地の現物分割

               分筆する場合→地積測量図、建物図面・各平面図を添付

              ②借地権の現物分割

               ・1人が単独取得→地主の承諾は不要

               ・借地権を区分して複数の相続人が各別に取得→地主の承諾が必要

              ③上場株式の分割

               単位未満株式を生じさせる現物分割を命ずることはできない。

              (最判H12.7.11、民§258Ⅱ「分割によってその価格を著しく減少させる」)

              ④非上場株式の分割

                 遺産分割調停で会社の経営権が問題となるが、実務では経営権をめぐる紛争は遺産分割とは別個の問題として扱う。

              ⑤動産の分割

               相続する者と現実の占有者が異なる場合は、引渡を条項に入れる

               自動車:登録番号

              ⑥現金の分割

                      現金を特定するのは困難だから、現金の引渡に代えて同額を支払うという債務を負わせる方法が多い

 

 代償分割

 (1) 要件

              ①特別の事情

              ・現物分割が不可能

              ・現物分割だと、財産の経済的価値を著しく損なう

              ・特定の相続人の占有・利用状態を保護する必要がある

              ・代償金支払の方法をとることについて概ね争いがない

              ②代償金を支払う相続人に資力があること

              (資力を審理しなかった審判は差し戻される)

              例:預金通帳の写し、銀行支店長名義の融資証明書、

                (別の不動産を売却して資金を調達するときは)買い主の買付証明書

 (2) 代償金の支払い方法

              即時一括払いが望ましいが分割の場合もある

 (3) 代償金の種類

              審判なら:金銭のみ

              調停なら:固有の不動産・株を名義移転する場合もある

 (4) 代償分割条項

        「申立人は、○項の遺産を取得した代償として、相手方に対し、○○円を支払うこととし、これを、平成○年○月○日限り、相手方の指定する口座に振り込んで支払う。なお、振込手数料は申立人の負担とする。」

 (5) 譲渡所得税の計算

        代償金・代償金の交付のために銀行から借り入れた借入金の利息相当額を、相続した不動産の取得費に含めることはできない最判H6.9.13)

  <理由>

   他の相続人から共有持分を譲り受けたのではなく、相続開始時のときに遡って単独取得したことになるから(民法§909分割の効果は相続開始時に遡る。)

 

 

 

 換価分割

 (1)協議分割による換価

  注意点:次のことを条項に定める。

              最低売却価格、売却期間、売却担当者、売却代金から控除する費用の項目、

              登記費用・司法書士の費用の精算方法

              売却が不成功に終わった場合の措置(競売)

              売却担当者の経過報告や報酬、協力義務の取り決め

  調停条項例→本のP369~ご参照

 (2)審判による換価

  省略

 

 共有分割

  ・物権法上の共有取得とする分割方法

  ・分割後に共有関係を解消する手続きは、共有物分割訴訟(民§258)

  ・共有物分割訴訟で価格賠償が認められるための要件最判H8.1.31)

                            特定の者に取得させるのが相当

                            価格が適正に評価

                            取得する者に支払能力がある

                            実質的公平を害しない

 

 遺産分割と税金

  ①代償財産を取得した場合

                            ○相続税、×譲渡所得税

                            …あくまでも遺産分割の一方法として取得したにすぎないから

  ②対象財産をいったん共同相続した上で、共同売却した場合:

                            ○相続税、○譲渡所得税

                            ただし、相続税の申告後3年以内の譲渡なら、相続税相当額を取得費として算入することができる(つまり3年以内の売却で節税できる)

 


 

3 分割の時期

(1) いつでも分割請求できる(民§907ⅠⅡ)

(2) 分割の禁止

  ・遺言によって、相続開始時から5年間の分割禁止OK(§908)

  ・共同相続人の合意による分割禁止もOK(5年以内の期間)(§256)

  ・家裁による禁止:特別の事情、5年以内(§907Ⅲ)

                            資格や範囲に争いがある

                            当分の間分割しないのが利益となる場合

   ※分割禁止の審判取消・変更の申立(家事法§197)

 

4 一部分割の可否

  原則、1回で解決(分割)すべき

  例:・預貯金を分割して相続税の支払いに充てる場合

    ・一部の遺産を売却して代金を分割する場合

    ・分割の容易な物件を先に分割し、困難なものを後にする場合

    ・争いがあって確定に時間を要する場合に、争いのない物件のみを先に分割する場合

  条項例、判例→P379以下ご参照

 

5 遺産分割調停と登記

 (1) 共同相続登記がある場合 

  被相続人ABCA

              登記原因は遺産分割で、日付は遺産分割調停成立の日

  ※必要書類:調停調書の正本

 (2) 共同相続登記がない場合 

  共同相続人(ABC)のうち1人(A)が相続することになった場合

              被相続人A の直接の移転登記OK

               (遺産分割の遡及効で、相続開始時から単独で相続)

  ※必要書類:調停調書の謄本(?)

 

6 遺産分割審判と登記

  省略

  ※必要書類:審判書+確定証明書

数次相続の相続人間における遺産分割協議と登記

 

  A→B 直接移転登記OK

 

  Aの遺産分割未了のままB死亡

  A→CD 直接移転登記ダメ、A→BC→CDとする必要

  …CとDを同順位の相続人とすることはできないから、DはBが相続人より取得した持分を相続する

  

 


 

13章 遺言(総論)

  • 軽微な瑕疵

              ○1箇所に訂正印を押すのを忘れた

              ○「平成20年6月31日」

 

  一定の条件の下に遺言をなし得る場合はある

  医師2人以上の立会い(民§973)

 

  • 遺言能力の証明責任=遺言の存在を主張する側

 

  例:愛人に遺贈する遺言(最判S61.11.20)

   …愛人関係の維持を目的とするものではなく、生計を被相続人に頼っていた愛人の生活保持のため、しかも遺言の内容が妻子の生活を脅かすほどでもない→有効

 

  • 遺言の撤回

  

  最判S56.11.13

              離縁が遺言の撤回にあたる

             遺言作成後の生前処分(離縁)が、遺言と両立させない趣旨のもとで遺言者により行われたものと評価できる場合には、それが身分行為であっても、遺言の撤回にあたる。

 

 ※死因贈与…(贈与契約だけど)いつでも撤回できる(§1022、1023を準用)

 

 

 

 自筆遺言

  • 添え手による補助を受けた自筆証書遺言

  最判H62.10.8

  <事案>    被相続人は病気で手が震え、目も悪いので字がねじれる。

                            なのに、遺言書は、ところどころ達筆な草書風の文字

                            便箋4枚・22行にわたって整然とかかれている

                            遺言の内容は、添え手した妻に都合がよいもの

  <判決>自筆要件を欠き、無効

   「自筆」の要件

   ・遺言者が自書能力を有し

   ・添え手が、始筆・改行・字配り・行間を整えるために遺言者の手を用紙の正しい位置に導くにとどまるか、または、遺言者の手の動きが遺言者の望みのままに任されており、単に筆記を容易にするための支えを借りただけ

   ・添え手した人の意思が介入した形跡のないことが筆跡の上で判定できる場合

   ※自書能力…病気による震えで他人の補助を必要とする場合でも自書能力はある

  • 日付

              ○自分の80歳の誕生日

              ○自分の定年退職の日

              ×平成29年1月吉日

  • 押印

              ・認印OK

              ・指印OK

              ・複数枚でも全体として1通とみなせるときは、1枚に署名押印すればOK

 

 その他の遺言

  省略