読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来創造弁護士法人(横浜・藤沢の法律事務所)

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


第32回 未来創造会議 「営業」とは何か?

未来創造会議

普通の法律事務所は、弁護士が自分で仕事を獲得すると、それが自分の収入になります。
ですから、事務所内でも助け合うという発想になりません。
未来創造弁護士法人では、誰が仕事を獲得しても、事務所全体の売上。自分の給料は基本的に変わりません。
しかしながら、チームに貢献するため、全員の幸せ実現のため、全員が売上最大を目指し、全力を尽くしています。
我ながら、素晴らしいチームになってきたなぁと感慨深いです。

フィロソフィ輪読

25 自ら燃える
人には自ら燃える自燃性、人の影響を受けて燃える他燃性、いつも冷たく斜に構えている不燃性の3パターンがある。チームに不燃性がいると、その組織はうまくいかない。
私たちのチームは、本当にみんなが燃える人間になってきました。頼もしい限りです。

26 仕事を好きになる
好きな仕事はいくらやっても苦にならない。これは趣味に置き換えると分かりやすいですよね。好きなことは寝不足でも苦にならないということです。
私たちのチームは、本当にみんなが仕事を好きで労をいとわず頑張ってくれる。嬉しい限りです。

27 物事の本質を究める
全身全霊打ち込めば、必ず核心が見えてきます。

28 渦の中心になれ
主体的に、言い出しっぺになって他人を巻き込んで仕事をできる人が多い組織が、強い組織です。

29 率先垂範する
リーダーは、部下が気の毒に思うくらい、みんなの先頭を切って仕事をし、苦労をする勇気が必要です。

30 自らを追い込む
勝手に不可能だと思い込まない。限界と思わずぎりぎりまで挑戦する。それができると、次の日からはそれができることが当たり前となり、次の限界に挑戦できます。

31 土俵の真ん中で相撲をとる
納期に追い込まれて仕事をするのではなく、余裕を持って、かつ全力を振り絞って仕事をする。
資金繰りも同じです。資金が尽きそうになってからでなく、余裕のあるうちに次の事業展開を考えなければなりません。

32 本音でぶつかれ
上司・部下関係なく、何が正しい火について勇気を持って考えをぶつけ合わなければなりません。
未来創造弁護士法人では、32回の未来創造会議を通じて、これができるようになってきて、強いチームになりました。
信頼関係ですね。

33 私心のない判断を行う
自分が良ければそれで良いという人はいりません。
お互いが助け合って、チームとして機能する。
こんなにチームとして動ける法律事務所は未来創造弁護士法人くらいなのではないかと自負しています。
チームのみんなに感謝!

34 バランスのとれた人間性を備える
論理的に追求する合理的な姿勢と、誰からも親しまれる人間性を併せ持つ。

35 知識より体得を重視する
法律を知識として知っていることと、実際に依頼者の債権の回収を実現できることには違いがある。
常に実際の事件にチャレンジを。

36 常に創造的な仕事をする
1年はみな365日 1%を大切に。
1.01 の 365乗 = 37.8
0.99 の 365乗 =  0.03

【営業】とは何か
なんと、うちのスタッフは全員が営業に対して苦手意識があることが判明。
売り込むことへの抵抗感、断られることへの恐怖感がその実態のようでした。

私が習ったのは、
営業とは、お客様の
【問題解決】と【願望実現】のお手伝いを
扱っている商材・サービスを使って行うこと
であるということ。

私たちの扱っているサービスは「法律」ですから、私たちが法律を使って解決できる依頼者が抱える問題や、依頼者の願望をひたすらたくさん書き出してみます。
それが、私たちの持っているサービスメニューなのです。

売り込む、しゃべる、説明するというのは間違い。
営業のスタートはお客様の「解決したい問題」「実現したい願望」を聞き出すことだったのです。
しゃべるのではなく聞く。ここをみんな勘違いしていました。

自分たちの提供できるサービスメニューをしっかり把握して営業に臨みましょう。