未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


第33回 未来創造会議 なぜフィロソフィが必要か?

本日は、トップがチームに将来のビジョンや夢を具体的に示すことの大切さを再確認させていただきました。 最高のチームと最高の仕事ができる仲間とのご縁に、感謝・感謝・感謝です。 必ず実現させましょう。

37 利他の心を判断基準にする フィロソフィの根幹部分。憲法でいうと幸福追求権ですね。 どうしても人間、自分がいい思いをしたいと思うのですが、少しでもその気持ちを減らし、少しでも他人に喜んでもらおうと思うことで、結局最後は自分がいい思いできるのです。 自分だけのためより、チームみんなのために頑張った方が、最後に踏ん張れる、この感覚をすべての人に味わってもらいたいです。

38 大胆さと細心さをあわせもつ 両極端をあわせもつとは、中庸、平均的、みんなと同じ、ということではありません。 攻めるときは驚くほど大胆に攻め、守るときは鉄壁の守備をしくということです。 39 有意注意で判断力を磨く 常に何となく仕事をするのではなく、センサーを働かせ、研ぎ澄ましていきましょう。

40 フェアプレイ精神を貫く お客様に対しても、チームの中でも、ずるいことは絶対にしない。

41 公私のけじめを大切にする 三谷が法人化をすることにした唯一の動機です。

42 潜在意識にまで透徹する強い持続した願望を持つ 高い目標を必ず達成するためには、純粋で強烈な願望を、寝ても覚めても繰り返し繰り返し考え抜く必要があります。 潜在意識にまでしみ通れば、必ず願望が実現します。

43 人間の無限の可能性を追求する 今できることで、未来の自分の限界を作ってはいけません。 人間の能力は無限であると信じ、何としても成し遂げたいと思えば、必ず実現できます。 人は空を飛べると信じた人だけが飛行機を発明できたのです。

44 チャレンジ精神を持つ チャレンジには勇気が必要です。勇気がないと伸びません。 一方で、チャレンジという言葉は勇ましく心地いい響きを持ちますが、これには裏付けが必要です。

45 開拓者であれ 未来創造弁護士法人の歴史は、人のやらないこと、人の通らない道を自ら進んで切り開いてきた歴史です。事務所がどんなに大きくなっても、私たちは未来に夢を描き、強烈な思いを抱く開拓者としての生き方をとり続けましょう。 という言葉を京セラフィロソフィからいただきました。 必ず近い将来、結果を残し、これらを本当の自分の言葉にしたいと思います。

46 もうダメだというときが仕事のはじまり 営業に行って仕事がとれないと感じてしまったとき この裁判は負けてしまうかも知れないと思ったとき 今月の売り上げ目標は達成が難しいのではないかと思ったとき そんなときが本当の仕事のはじまりです。 あきらめず、腐らず、前向きに、執着心を持つことが大切です。