読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来創造弁護士法人(横浜・藤沢の法律事務所)

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


【第66回SUC三谷会】破産法研究(その1)

会社や個人が債務を支払うのが厳しくなったときに取り得る選択肢としては、破産の他にも民事再生、会社更生などがありますし、任意整理という手もあります。
しかし、いずれの手続も、債権者に説明をして説得をする場合は「破産してしまうよりはこっちの方が配当が多いので、了承してもらえませんか」と言うこと衣になります。
つまり、破産法は倒産法制の基本であって、破産法を理解しないと倒産処理はできない、これほど重要だということです。

まずは
・破産開始の要件
・破産管轄
・破産申立の記載事項
・破産手続の効果
・破産者の説明義務と罰則
・係属中の訴訟や強制執行がどうなるか
などを勉強しました。

数回に分けて、じっくり研究していきます。