未来創造弁護士法人 Blog

東京と横浜にある法律事務所で日々奮闘する弁護士と事務局が、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


第8回 バトナ研究会

交渉を究め、交渉を科学するバトナ研究会。 交渉の基本は「バトナ」バトナとは、交渉が決裂したときに本当に困るのはどちらなのか、ということです。 単純な民事事件であれば、法律上の請求権と証拠から、裁判所はどのような判決を出すかを予想することでバ…

第106回 未来創造会議 Law Room リリース準備と東京オフィス作りキックオフ

【第106回 未来創造会議】 本日も、元気に全員が集まることができました。 前半は未来創造手帳9項目。11 高い目標を持つ12 目標を周知徹底する13 楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する14 見えてくるまで考え抜く15 お客様のニーズを原点にする1…

第7回 方針検討会 [Monju]

本日も、9件の新規にご依頼いただいた案件につき、メンバーの知恵を集めて最善の解決を検討しました。毎回、たくさんのお仕事をいただけていることに感謝ですね。本日の学びは2つ。 1つはやはり、お客様のご希望はお客様の知識の中から出てきているという…

第7回 バトナ研究会

交渉を究め、交渉を科学するバトナ研究会。 ☆お客様の望んでいること ①お客様自身が自覚し、説明できる希望 ②お客様自身は自覚していなかったり、説明できないけど弁護士が提案できる未来 ☆私たちができること A私たちが法律の力を使って解決、実現できる未…

第6回 方針検討会 [Monju]

本日は、6件の新しくご依頼いただいた案件について方針を協議決定しました! 毎月2回のペースで開催していますが、いかにたくさんお客様からご依頼いただいているかを肌で感じることができ、信頼して任せていただけるお客様に感謝です。弁護士という法律の専…

第105回 未来創造会議 理念・使命とフィロソフィ

フィロソフィの輪読感想は3チームに分かれて。以前はトップがフィロソフィを伝える形式でしたが、最近ではリーダーたちがメンバーを仕切ってくれるようになって、チームの成長をしみじみ感じます^ ^ 【本日輪読したフィロソフィ】 ・経営理念について ・私た…

第6回 バトナ研究会

交渉を究め、交渉を科学するバトナ研究会。今回は、・古い交換契約が履行されていない工場用地の登記名義の移転の方法・お客様にお客様の思いとは違う形の最善の解決を伝えるコミュニケーションなどを研究しました。 毎回同じ繰り返しですが、交渉の仕方を考…

第5回 方針検討会 [Monju]

本日は、9件の案件について方針を協議決定しました! 案件をお引き受けするに当たっては、お客様のお話を聞いてご意向を反映することはもちろん大切です。 しかし、一流の弁護士は、お客様の実現したい本当の希望を聞き出し、本人が気づかなかった解決策を見…

第5回 バトナ研究会

交渉を究め、交渉を科学するバトナ研究会。前回に引き続き、今回も旗色が悪いときの交渉の進め方について研究しました。 裁判で勝てるときは、そのことを相手に伝えて強気に交渉したらいいですし、それでだめなら躊躇せず裁判を起こせばいい。しかし、裁判し…

第104回 未来創造会議 新規顧客獲得のためのペルソナ、出会い、広告と広報

毎月1回、全員参加で未来を語る日です。 祝・第一四半期(1Q)目標を無事達成。 そして、今日も盛りだくさんでしたね〜 ①経営企画室より新規顧客獲得のための話をしてもらいました。 「広告」「広報」のことからペルソナ、カスタマージャーニーの話まで。 そ…

第4回 方針検討会 [Monju]

本日は、これまでで最多の13件の案件について方針を協議決定しました! 私たち未来創造弁護士法人が案件をお引き受けする際に、・請求権の法律上の根拠(法律構成)・主張を証明できるだけの証拠があるか(立証責任)・自分たちと相手方のバトナを十分に検討…

第4回 バトナ研究会

交渉を究め、交渉を科学するバトナ研究会。本日は、主に「裁判をしたら負けてしまいそうな事案の交渉方法」について研究しました。 裁判したら負けてしまう場合でも、・裁判にかかる期間(時間)・裁判にかかる費用(お金)・裁判に関わる社員の時間(人件費…

第3回 方針検討会 [Monju]

トラブルを早く、上手に解決できるかは、一番最初の方針を上手に立てられるかにかかっています。 未来創造チームでは、弁護士が9名在籍する強みを生かして、ご依頼いただいた案件の方針は、メンバー全体で検討しています。 本日も7件の新規ご依頼を検討。 …

第3回 バトナ研究会

交渉を究め、交渉を科学するバトナ研究会。本日は、・請負契約の中途解約があった場合の損害額の立証・賃貸管理仲介者の責任と立証責任・介護事故での後遺障害等級の認定などについて研究しました。 上手な交渉をするためにはやはり、相手と自分のバトナの整…

第2回 方針検討会 [Monju]

本日は、新規にご依頼いただきました6件の案件について、メンバーにて方針を検討しました。 中でも公道上の構築物について、地方公共団体に除却請求をできるかといった案件では、要件と効果、そしてその後の代執行の可否といった法律上考えなければならない…

第103回 未来創造会議 事務局長改めましての自己紹介!

毎月恒例、全員参加でベクトルをそろえる1日。 前半は、ベテランチームと若手チームに分かれて意見交換。 ベテランチームのテーマは「人を育てる」 若手チームのテーマは「なぜ経営に哲学が必要か」 そして、後半は、新しい仲間も増えたので代表と20年(以上…

第2回 バトナ研究会

交渉による解決を究めるバトナ研究会。本日は、・メーリングリストを業務妨害に使う者への警告や差し止めの可否・残業代請求における休憩時間認定の立証責任・建築工事に対する監理者の責任の程度などについて研究しました。 上手な交渉をするためにはやはり…

第1回 方針検討会 [Monju]

未来創造弁護士法人では、トラブルの交渉による解決に力を入れています。裁判による解決は時間とお金がかかる上、実りがあまりないからです。ところで、みなさんは、弁護士の腕の差ってどこで出ると思われますか? 意外かもしれませんが、弁護士の腕に差があ…

第1回 バトナ研究会

未来創造弁護士法人では、トラブルの交渉による解決に力を入れています。裁判による解決は時間とお金がかかる上、実りがあまりないからです。 交渉が上手な人と下手な人の差は、「バトナ」を上手に準備して使えているかの差です。バトナとは、Best Alternati…

第102回 未来創造会議 フィロソフィ合宿

「理念と働く考え方の業務は、全業務に優先させる」と教わって以来、チームに加わってくれたメンバーとは1泊2日でフィロソフィを伝える合宿を実施してきました。 今年から頼もしい仲間が4名加わってくれたので、コロナで微妙な時期で悩みましたが、感染対策…

第101回 未来創造会議 理念、ビジョンと2021年の戦略発表

2021年をスタートさせるにあたって、チームの想い、ビジョン、戦略を全員で共有しました。 残念ながら、コンパは断念。 緊急事態宣言が再発出されましたが、どんな困難があろうとも、かならず道はあるはず。まさに「考えよ」ですね。

第100回 未来創造会議 2020年仕事納め!

コロナ一色だった2020年。仕事納めは記念すべき100回目。 メンバー誰一人欠けることなく、元気にこの日を迎えられたことに感謝です。 そして、本年もたくさんのお客様にお世話になりました。本当に感謝、感謝です。 初めてのフィロソフィ体験発表もみんな素…

【第118回 SUC三谷会】電子署名・電子契約について

こんにちは、安部です。 今回は、アフターコロナにおいてニーズが高まると予想される、 電子署名・電子契約について、 主に私が発表しながら適宜質疑応答や意見交換を交える形式で開催されました。

第99回 未来創造会議 「フィロソフィをいかに語るか」

毎回全員参加で、チームのベクトルを確認する未来創造会議も99回目。今回は、盛和塾最後の世界大会での塾長講話「フィロソフィをいかに語るか」をテーマにしました。フィロソフィは、会社の方針に従業員を従わせるための行動規範とか、従業員を精力的に働…

第98回 未来創造会議 「困難に打ち勝つ」

本日のテーマは「困難に打ち勝つ」 私が初めて参加して衝撃を受けた2011年世界大会の塾長講話を輪読しました。 そのあとの意見交換でみんなの思いが飛び交い、今回も「このメンバーで一緒に仕事ができる幸せ」を噛みしめました。 そして、今…

【第117回 SUC三谷会】みんなのお悩み相談

こんにちは、安部です。 今回は、当初は重要判例解説を題材にした勉強会を予定していたのですが、 解説を担当するN弁護士が急遽雪国に出張することになったため、 各弁護士の悩みを持ち寄って話し合う形式で開催されました。

第97回 未来創造会議 フィロソフィの真髄

(今回の輪読項目)08 利他の心を判断基準とする11 高い目標をもつ17 自ら燃える渦の中心になれ21 潜在意識にまで透徹する強い持続した願望をもつ23 謙虚にして驕らず24 感謝の気持ちをもつ31 人間の無限の可能性を追求する38 誰にも負けない努力をする45…

【第116回 SUC三谷会】令和元年度重要判例解説

こんにちは、安部です。 今回のSUCは、令和元年度の重要判例解説を用いて、 実務上参考になると思われる判例を題材にしながら話し合いました。

第96回 未来創造会議 新商品キックオフ

毎月1回、メンバー全員参加で集まるこの会議。 稲盛和夫塾長から教わった不況時の取り組みである新商品の開発を進めてきました。若手が出してくれたアイデアがおもしろく、その後、いろいろな方に意見を聞きながら、構想を練ってきました。 楽観的に構想し、…

【第115回 SUC三谷会】コロナ禍での弁護士の働き方等

こんにちは、安部です。 今回のSUCも、最近恒例になりつつあるzoomを用いての開催となりました。 今回のテーマは、コロナ禍での弁護士の働き方及び各弁護士のお悩みについて 話し合いました。