未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


30℃超えの猛暑の中、河川敷を60km走ると、人はどうなってしまうのか。

こんにちは、三谷です。

6月1日に柴又60kという60キロのレースに参加してきました。

当日は、季節外れの異常高温で、朝から30℃超え、最高気温は33℃の予報でした。

フルマラソン以上の距離を走るのも初めてならば、こんな暑い中走るのも初めてです。

DSC_0156.JPG

前日の昼はパン、夜はうどん、当日の朝はおにぎりとカステラを大量摂取してカーボローディング完了。後は、蓄えたグリコーゲンを発散するだけです。

そして、午前9時30分、いよいよスタート。

最初から暑さは凄まじく、最初の10kmで頭がボーッとしてきて、沿道からの「行ってらっしゃい!」の声が、「まだまだ先は長いぞ」に聞こえます(笑)

タイムは捨て、完走狙いに切り替えます。

25km地点では胃が完全にやられ、走ると一歩一歩の震動が胃に響きます。ここから一気にペースダウン。25kmから45kmまで、ずっとリタイアのことを考えていました。

3km毎にあるエイドで水をかぶりながら進みます。

40kmで右足の指と裏にマメができてしまう。水をかぶってソックスを濡らしたのが悪かったか。

50kmで左足もマメ。あとは気力だけ(って、20kmからずっと気力だけでした。)

55kmからは、水を飲み過ぎていたため、お腹が壊れ気味に。出てくる症状がフルマラソンとは全く別物でした。

最後は沿道の声援を力に何とかゴール。タイムは6時間48分くらいかかりました。

shibamata goal.jpg

もう、しばらくはいいかな(笑)