読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来創造弁護士法人(横浜・藤沢の法律事務所)

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


第8回 未来創造会議

【テーマ1】法律事務所の営業、人脈とは? ・出会いの瞬間を大事にするかどうかで、その後の関係が決まる ・客を追いかける営業でなく、客に追いかけられる営業 ・「何でもできます」では生き残っていけない。何でもできるは何もできないと一緒 ・夢を描き実行しようとしている人の周りには自然と人が集まる。

【テーマ2】メールでのコミュニケーション 1 メールのレスポンス 2 メールの件名

【テーマ3】情報発信 3 効果的な名刺って? 受け取ったその場でインパクトを与える 大人数の交流会で、帰った後に印象に残る人残らない人 受け取ったその日に友達申請が来るか 受け取ったその日にHPやブログをチェックしたくなる 名刺のデザインを考えてみよう  ●顔写真  ●携帯番号  ●キャッチコピー  経営者の気持ちがホントに分かる顧問弁護士           「スピード感」 「攻め」中心時々「守り」

4 メルマガ発行

【テーマ4】 間口・顧客満足 5 転送電話 6 顧問料の口座振替(自動引き落とし)

【テーマ5】人と会って話を聞く(依頼者の話、部下の話) 2人一組で、ただし、聞く側は全く無視、体の向きも目線も別。 話し手はそれでも精一杯、2分間話し続けて下さい。 ★「あなたの夢は何ですか?」(2分間・全力で話す、聴き手は無視)      ★次に、普通に、相手の話を相手を見ながら聞いてあげて下さい。  「最近あった嬉しかったことは何ですか?」(2分間)           ↓ 今の二つを比べて、話し手の側からどのようなことを感じましたか。   同じ2分間が長い、短い   話しやすい、話しにくい

相手のニーズや考えを引き出せるかどうかは、実は聴き手が鍵を握っている   ★顧客に対して 相手はなぜ弁護士に相談したいのか         その奥にある本当の目的は? ★部下に対して 相手は今どんな状態、どんな気持ちか         本当はどうしたいと思っているのか

★普段の聞き方=自分に意識が向いている(自分のために聞いている)   「この人の話は自分にとって有益か」   「この人の言っていることは正しいか」

★傾聴=相手に意識が向いている(相手のために聞いている)   「相手はどんな希望を持っているのか。どんな気持ちで何を本当に伝えたいと思っているのか」         ↓   ・話を最後まで聞く   ・自分の手を止め、視線を合わせる   ・うなずいたり、「そうなんだ」と相づちを打つ   ・(反対意見は全て聞き終わってから)   ・好奇心を持つ(この人は心の中で何を考えているのか)   ・非言語まで聞き取る(表情、声のトーン、身振り手振り、雰囲気)

 では、傾聴してみましょう。  まずは、相手の「言語情報」に注意して「相手はどんな考え方を持っているか、どんな気持ちで、自分に一番伝えたいことは何か」を聞き取りましょう。

★「あなたが今の仕事を選んだのはどんな理由ですか?」(3分間・傾聴その1)    次に、相手の非言語情報(表情、声のトーン、身振り手振り、雰囲気)に注意しながら、気をつけましょう。 非言語情報で気がついたことを話しの腰を折っても良いので、そのことを指摘しましょう。

★「あなたは、仕事を通じて何を実現したいと思っていますか?」(3分間・傾聴その2)