未来創造弁護士法人

横浜(本店)と藤沢(支店)にある法律事務所で日々奮闘する弁護士とスタッフが、気の向いたときや機嫌のいいときに更新する事務所日記です。

【未来創造弁護士法人 3つのモットー】

1 依頼しなくてもOK 気軽に相談していただけます!
2 スピードは価値 早期解決を最優先します!
3 お客様の希望をじっくり聞きます!専門家の意見をしっかり伝えます!


第77回 未来創造会議 新人フィロソフィ合宿

新年恒例の1泊2日、新人フィロソフィ合宿!
今年は安部弁護士と佐山弁護士の二人が新たに未来創造チームの仲間に加わってくれました。

64項目のフィロソフィを輪読しながらお互いの意見や感想を話し合いました。
二人とも、素直にフィロソフィを吸収し、素晴らしい考えを披露してくれて感動。本当に頼もしいメンバーとご縁をいただきました。

f:id:mirai-law:20190112004010j:plain

2日目は夕方からメンバー全員が集まり未来創造会議。
フィロソフィ
5 大家族主義で経営する
18 信頼関係を築く
大家族の信頼関係はお互いをよく知ることから。
全員が15分ずつ生い立ちからの自己紹介をして、改めてお互いの新たな一面をみつけ、発見があったのではないかと思います。

未来創造弁護士法人、2019年は弁護士8名体制で突っ走ります!

 

第76回 未来創造会議 2018年仕事おさめ

あっという間に2018年も本日にて仕事納め。
 
まずは、振り返りシートを使って、メンバー全員と1on1で面談をさせてもらいました。
シートには、弁護士、事務局それぞれ5項目ごとの評価項目について、この1年で成長できたことと来年の実行計画を記入します。
また、「こういう人生を歩みたい」という人生ビジョンと強烈な願望を伴う短期的、中期的な目標を記入してもらい、これを元に来年はどのように仕事に取り組むかを一緒に考えます。
 
未来創造会議は2018年の成績発表と、2019年の目標を発表。
今期はみんなの限界突破の頑張りのおかげで、過去最高益をあげることはできました。ただ、予算大幅未達は反省材料。来年は必ず達成しましょう!
 
忘年会は関内のフレンチレストランにて。
仲間が増えて入れる店も限られてきました。
 

f:id:mirai-law:20190108165435j:plain

f:id:mirai-law:20190108165454j:plain

2次会はマジックバーを貸し切って、マジックショーを楽しみつつ、今年度MVP松本弁護士の表彰!本当に素晴らしい活躍でした。
 

f:id:mirai-law:20190108165512j:plain

その後、3次会、4次会、5次会と、会は続いていくのでありました。。。
 

f:id:mirai-law:20190108165541j:plain

来年は新たに仲間も増え、コンサルティング会社や税理士法人もスタートするのでさらに楽しみいっぱいです。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

【第98回 SUC三谷会】契約書作成・チェックの基本 その3 + 相続法改正

こんにちは、岩﨑です。

本日のSUCは、前半は「契約書作成・チェックの基本」の3回目、後半は相続法改正のフォローをしました。

 

前半の契約書作成・チェックでは、建物賃貸借契約書、秘密保持契約書(NDANon-disclosure agreement)を題材に取り上げました。

建物賃貸借契約では、賃料不払いや夜逃げ、敷金、修繕、用法違反などトラブルが容易に予想されます。不動産オーナーの立場からはトラブルを想像して事前に対処法を盛り込んでおくことが大切ですね。もっとも、なんでもかんでも盛り込めばよいわけではなく、借地借家法消費者契約法との関係で、賃借人に過度に不利であると評価されて無効とされないように、バランスに配慮することも必要です。

秘密保持契約書では、情報を提供する側なのか、情報を受領する側なのかによって目指す方向がまったく異なり、保護すべき機密情報の定義、範囲も変える必要があります。

 

後半の相続法改正では、2018年7月6日に成立した、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律、法務局における遺言書の保管等に関する法律(遺言書保管法)について、法務省の解説ページを参考に研究しました。

法務省: 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)

概要は次のとおりです。

 

1 配偶者の居住権を保護するための方策

(1)配偶者短期居住権の新設

(2)配偶者居住権の新設

2 遺産分割等に関する見直し

(1)配偶者保護のための方策(持ち戻し免除の意思表示の推定)

(2)遺産分割前の払い戻し制度の創設等

(3)遺産分割前に遺産に属する財産を処分した場合の遺産の範囲

3 遺言制度に関する見直し

(1)自筆証書遺言の方式緩和

(2)遺言執行者の権限の明確化

(3)法務局における自筆証書遺言の保管制度の創設

4 遺留分制度に関する見直し

5 相続の効力等に関する見直し

6 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策

 

施行期日は、原則2019年7月1日です。

例外的に、

3(1)は2019年1月13日。

1は2020年4月1日。

3(3)は2020年7月10日。

となっています。

【第97回 SUC三谷会】契約書作成・チェックの基本 その2

こんにちは、岩﨑です。

本日のSUCは、「契約書作成・チェックの基本」の2回目。

 

契約書の実例(商品売買取引基本契約書、不動産売買契約書、業務委託契約書、金銭消費貸借契約書、抵当権設定契約書、譲渡担保設定契約書)をもとに、作成・チェックのポイントを学びました。

 

共通して言えることは、自分(の依頼者)の立場に応じて、自分側に有利な契約条件にすることを意識して作成・チェックをするのが大前提ということ。世の中に出回っている契約書のひな形は、この視点がなくフラットに作られているので注意が必要です。

 

普段の契約書業務の復習になった箇所も多いですが、新たな学びもありました。

たとえば、担保提供を要求できる条項を入れておくと、相手方に担保設定を債権的に請求できるので、もし相手方がこれに応じず担保設定をしないときは、債務不履行を理由に契約解除の主張ができる、という構成はおもしろいと思いました。

先輩弁護士からは、不安の抗弁が実務で使われるようになった経緯の話や、瑕疵担保責任免除の条項を入れていても錯誤無効を理由に契約の効力を争われた事例の話を伺うことができ参考になりました。

 

勉強会後の懇親会では、SUC卒業生(?)の三谷先生からお酒の差し入れがあり、メンバーみんなで美味しく頂きました。ありがとうございます(^^)

 

f:id:mirai-law:20181122214749j:plain

第75回 未来創造会議 2018年、自分が一番響いたフィロソフィの項目の発表

月1回、このメンバーで仕事ができる幸せをかみしめる未来創造会議。
 
今日は事務局Mさんがファシリテーターを務めてくれました。
2018年、自分が一番響いたフィロソフィの項目を1つ読みあげ、なぜその項目が響いたのか、具体的なエピソードを交えて発表してもらい、他のメンバーからコメントしていく形式で進めました。
 
メンバーから挙がった項目は次のとおり。
1 心をベースとして経営する
5 大家族主義で経営する
8 ベクトルを合わせる
11 高い目標をもつ
15 感謝の気持ちをもつ
16 常に明るく
17 仲間のために尽くす
28 本音でぶつかれ
44 自らの道は自ら切りひらく
 
「大変なこともあるけれど、このメンバーと一緒だから頑張れる」と言ってくれるメンバーや、感極まって涙を流しているメンバーもいました。普段はなかなか聞けなかったメンバーの熱い思いに触れることができ、明日からの新たな活力を得ることができました。
コンパでも採用活動について活発な意見が飛び交い、充実した時間となりました。
感謝です!

第74回 未来創造会議 お客様のニーズを考え抜く! 

このメンバーで仕事をする幸せを毎回かみしめる未来創造会議。本日もその通りの会になりました。

今年から新加入してくれる二人の弁護士(修習生)を交えての大コンパ。もう会議室が狭くなりました。

・新人弁護士の育成プログラム
・お客様のニーズを深く考え抜く(お客様の不安や心配を解消する!自信を持った決断と行動の後押しをする)
・未来創造経営者セミナーのリハーサル(第1回)
・お客様から未来創造チームのどこが評価されているのかの復習

長い長い1日でしたが、みなさま本当にありがとうございました!

【第96回 SUC三谷会】契約書作成・チェックの基本 その1

こんにちは、岩﨑です。

本日のSUC三谷会は、未来創造弁護士法人お家芸、契約書の作成・チェックについて研究しました。

教材は、日弁連の研修サイト(研修動画)を使いましたが、普段から当事務所では契約書の作成・チェックを数多く(たぶん1日10件くらい)取り扱っていますので、研修サイトの講師とは異なった視点からフォローを入れながら研究することができました。

 

研修動画では、最近の契約書をめぐる状況として「なにを、いくらで、いつまでに」が記載されていれば足りるという時代は終わり、今日では更に進んで当事者の権利義務の創設という意識をもって契約書の作成・チェックに当たる必要があるとの指摘がありました。

確かに、指摘はその通りかと思いますが、現在当事務所がチェックに携わっている契約書では「なにを、いくらで、いつまでに」という基本的な記載が漏れている契約書も多々あるように感じています。まずは、基本を押さえることが大事ですね。

 

なぜ契約書が重要なのかについては、私的自治契約自由の原則に立ち返って考えることができました。

また、契約書の作成・チェックは、合意の単なる書面化という作業ではありません。当該取引が当事者にとってどのような意味・インパクトがあるのか、どのようなビジネスモデル・スキームを描いているのか、契約相手との力関係はどうなっているか等の観点を確認しながら、条件交渉を陰に日向に後押ししていくものなのだということを再確認しました。

次回も契約書作成・チェックのつづきを研究します。

【第95回 SUC三谷会】労働関係法令のポイント その3

こんにちは、岩﨑です。

労働関係法令のポイントの3回目でした。

割増賃金、労働関係の終了(辞職、解雇、定年)、就業規則といった実務で相談が多い分野のほか、近年ハラスメント防止対策を盛り込む法改正がなされた男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、そして、女性や年少者の保護規定、健康診断・安全衛生管理体制、労働保険(労災保険雇用保険)に至るまで盛り沢山の内容でした。

今回で労働関係法令のポイントはおしまい。次回は契約書について勉強します!

 

割増賃金

1か月に60時間を超える時間外労働の割増率は50%以上。中小企業は当分の間、適用が猶予されていたが、平成35年4月1日から猶予措置が廃止される見込み。

 

労働関係の終了

辞職(労働者による労働契約解消の意思表示)は2週間で効力を生じるのが原則。例外として、月給制のように賃金が期間をもって定められている場合は、次期以降について辞職することができ、当期の前半に意思表示をする必要がある。(改正民法が施行されると、例外は使用者からの解約申し入れにのみ適用される)

普通解雇が認められた裁判例は、職務を遂行できないことのみならず、改善の見込みがないことまで認定しているものが多い傾向にある。

解雇予告手当は30日分以上の平均賃金とされているが、出勤日数が少ない従業員の場合、解雇予告手当の金額が月の給与額を上回ることもあるので計算方法に注意。

第73回 未来創造会議 何のために働くのか?何のために頑張るのか? 

このメンバーで仕事をする幸せを毎回かみしめる未来創造会議。本日もその通りの会になりました。

フィロソフィ輪読は5項目

47 成功するまであきらめない
 あきらめなければ成功率は100%

48 人生・仕事の方程式=考え方×熱意×能力
 何より大切なのは考え方。思いは足りているか?

49 一日一日をど真剣に生きる
 仕事も、家庭も、遊びも、漫然と流さずその瞬間に全力で。

50 心に描いたとおりになる
 思いと結果は必ず一致する。すぐに一致しなくても、30年スパン、あるいは来征まで考えると一致する。因果応報。

51 動機善なりや、私心なかりしか
 お金を負わず、正しいことをしていればお金は付いてくる。全ての瞬間を自分以外の誰かのために過ごす。

 

コンパでは、
①最近の思いの共有
盛和塾合宿、浅川流営業研修、中国出張、頑張っている大学同期を見て、自分の小ささを痛感。
②代表弁護士へ自由に質問

【第94回 SUC三谷会】労働関係法令のポイント その2

こんにちは、岩﨑です。

SUC三谷会は、労働法の2回目でした。

休日、労働時間、年次有給休暇、賃金について研究しました。

近頃、「働き方改革」の制度面で改革が求められている分野ですね。

 

お勉強の後は、いかセンターで暑気払いをしました!

飲み放題で原価の高い日本酒を頼みまくっていたら店員さんが困っていました笑

(ちなみに、今回で三谷弁護士はSUC卒業となりました。

これまでSUC三谷会を引っ張って頂きありがとうございました!)

 

続きを読む